スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
X'day in Phils.

日本で冬休みに相当するものが、X'mas break 日本では、大晦日、元旦、正月がメインだが、フィリピンではクリスマスがメイン・・・。

日本では、クリスマスはあくまで、一部のカップル or 親子の行事だけど、フィリピンでは、お金があろうがなかろうが、このクリスマスの時期には、ここぞといわんばかりのお金の使い方をする

①大学の各学部の棟にいかつい電飾。
②町中で鳴り響くバクチクの音。たまにでかすぎて爆弾みたいな音も。
③タクシーに乗って細かいお金がないようなら「pasko na lanng(クリスマスだから)」と言って、運ちゃんはおつりをちょっとしか返してくれない。

その他、フィリピンのクリスマスの特徴・・・。

④クリスマス当日は、夜中2時ごろなのに、外で子どもたちがはしゃぐ声。
⑤とりあえず飲み会の嵐。
⑥どこに行くにも大渋滞。

そんなクリスマスに何したかといえば、自分が参加しているパヤタスのボランティアでのクリスマスパーティーに参加したな。

①クリスマスパーティー その一

どこに行っても、おれという人間は終始いじられの対象になりっぱなしおいしい役回り・・・。この日は、特に何も出し物用意していないところに、まさかその場でみんなの前で「踊れ」とか言われて、踊る羽目になるなんて予期してなかったぁ。こういうときに限って、みんなで「ダイスケコール」しやがってダンスが下手だから、阿波伝統の阿波踊りをお見舞いしてあげたところ、コールをした子どもたちは、俺をみんなの前に立たせることだけが目的だったみたいで、阿波踊りにはわりと無関心しかし、自分がボランティアとして活動し始めて以来、子どもたちがすごく積極的に物事に取り組むようになって、彼らの個性を見せてくれるようになってきてくれたことに本当に感動。

②クリスマスパーティー その二

別のNGOのクリスマスパーティーでは、ギター(フィリピンのセブ産)を持っていって、ミスチルのシーソーゲームを歌うやっぱ、せっかくフィリピンに来たんだから、普段出来ないことをやるチャンスが目の前にあるのを、見逃さずトライするべきだって決意したなぁ。しかし前日の夜、練習してると何か友達が周りに増えだして・・・、飲み会始まって、弾きながら歌いながら、飲みながらんで、朝起きたら、寝坊して集合時刻の1時間後に目が覚めて、待ち合わせていた人が寮に迎えに来る始末最低ですけれど、何か色々ごたついてて、開始が遅れて助かった。ま、演奏もそこそこ・・・うまくいったここのNGOのクリスマスパーティーの運営の仕方は、本当にすごかった。海外のクリスチャンの慈善団体三団体がだしものやらなんやらして、地元クリスチャンの慈善団体のお兄さんがMCをやって、会場もエコパークという自然公園で、クリスマスプレゼントは文房具と、おもちゃが全員に配布。これがすごい。よくここまでたくさん、スポンサーをつけたなって感じ。勉強になりましたー

③寮でのクリスマスパーティー

④友人のクラブの飲み会

気がついたら、みんなこっそり帰りやがって、深夜残された友人と二人で帰宅。翌朝頭痛。

⑤友人とイーストウッド(フィリピンの六本木ヒルズ的存在)へ

おかげさまで、すばらしいクリスマスだよ。すっげー疲れたそれなのに、なんで年始は3日から授業があるんでしょうホント神秘としか言いようがない

そしてこんなどうしようもないクリスマスを送ってるのと同時に、パヤタスのある地区では大規模火災が発生して、ただでさえごみ拾って生活してる貧しい人たちの住居が焼けてしまって、今もとっても多くの人たちが被災しているらしい。

あぁ・・・。「なんだよこの国、この自分」ってよく思わされてしまう。日本でへこまないことで、へこんでしまう。

スポンサーサイト
【2005/12/28 02:43】 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
留学期間を振り返って・・・


本当に久しぶりの更新だなぁ・・・。

ブログもたいして更新していないうちに留学期間も3ヶ月をきってしまった・・・。はえー

100日天下って言葉があるけど、まだまだたくさんやれることがきっとあると信じてやってくか

第2セメスターは何とか苦労しながらも、わりと少ない宿題に助けられて、意外と思っていたよりはOKってかんじ。

けど、クリスマス休暇を使って復習しないとなー。

最近といえば、フィリピンでしか出来ないことをたくさんさせてもらっている。

パヤタスでの日曜学校でのボランティア。そこでは、ほかのボランティア、子どもたち、親御さんとも仲良くなって、3ヶ月でここを発ってしまうというのが惜しい気持ちでいっぱいだそんでもって、子どもがマジで可愛いと、心の底から思ったのは、この国に来てからはじめて思ったことだ。

ここのボランティアでもいろいろあったな。持たせてもらった授業で大失敗したり、パヤタス出身の17歳のボランティアの人がなんかおれのこと好きになっちゃったみたいで、貧困地域にいるのにみんなと違うキレイなスカートはいてきだしたり、そのことで仲間たちや子どもたちにからかわれてうざいなって思ったり・・・。

めんどくさい仕事もよくあるけど、なんだかんだであと3ヶ月

わが愛する寮のICでも、フィリピン人、日本人、コリア人、インドネシア人はじめたくさんの友達と、楽しい人間関係築けて、てか飲みにいくぞって誘われすぎだよ今となっては、寮のgeneral secretary として、大活躍(馬鹿なことばっかり言って、肝心な仕事は他人にフリまくり)してるけど、寮の役員選挙の前に、今のpresident のボニーに拉致られて候補者になって、候補者演説でキング牧師をパロッた演説が大うけしてしまって、今の役職について・・・。対立候補が4ヶ国語を使いこなし、3つ目の修士課程というつわものだっただけに、ホントごめんなさーいって感じこのあほな性格がホント、フィリピンではマジで役に立ってるなあ。だって、フィリピンの人たちは、おバカなことが大好きだし、日本人よりも、下ネタに対して寛容な国民なんですもの青年海外協力隊の人にも「あのバカさ加減は才能だ」って、お褒めの言葉を言ってもらったしなあ

Anyway, クリスマス休暇直前ってことで、授業もほぼ終わったけど、今週いっぱいは、クリスマス会が2個、誕生日会が2個のあと世界遺産のあるバナウェに2泊3日の旅行・・・。ハードスケジュールだけど、やっぱやることがつっとやって後悔だけは残さんで日本に帰るぞっ
【2005/12/13 03:12】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。